普陀山香会期

時間: 2020-11-17 作者: 张强 ソース: 普陀山佛教网


観音香会(かんのんこうかい)は、仏教信者が観音菩薩の誕辰?成道?出家の日を記念して行う盛大な集会のことです。毎年旧暦の2月19観音の誕生の日、6月19観音の成道の日、9月19観音の出家の日は、普陀山三大香期と呼ばれ、すべて盛大な観音法会を行います。

今年の旧暦九月十八日、十九日には国内外の信者が山に登り、各寺院では仏事の活働が続きました。十八日、三大寺は例年の通り、重々しい祝聖普仏の行事を行い、何千人の僧衆と信徒が参加しました。夜、数千人は普済禅寺などの内外で「大慈大悲観世音菩薩」の名号を読み上げました。夜通し灯火が光輝き、翌朝荘厳で厳粛な祈福普仏が行われます。香会の期間中は信者、観光客は常に数十万人に達します。