お寺の風景

白華庵は白華山の南西麓に位置し、紺色の殿堂、静かでゆったりとした所在地であります。本堂の東には剪鑑池があり、明の陳継儒の題額があり、後に真歇泉があり、宋史浩の篆額が現存しております。

白華庵

白象庵は西天景区「心字石」の東側、文殊岩の下にあります。明の時代の僧普耀とその弟子たちが創建されました。

白象庵

羼提禅院は千歩沙北の上に位置している、元名は羼提庵です。清の康熙年間(1662年~1722年)に僧果賢が創建され、定覚が再建しました。

羼提禅院

古草茅棚は法華洞の東の山腹にあります。明の時代に建てられ、清末から民国初期に瓦屋5軒に改築されました。

古草茅棚

普済禅寺の西側にあります。明の万暦末年(1573年~1619年)に僧玉峰(名は性宝、かつては普済禅寺の住職)が創建されました。

積善堂

龍寿禅院は象王峰の東の下に位置し、元の名は龍寿庵であります。民国の「普陀洛迦新志」などによると、明の万暦年間(1573年~1619年)に僧真蕊が創建し、僧性越、照敔及びその弟子善性、善成が建直されました。

龍寿禅院

旧名は息耒庵、普済禅寺の西にあります。清の康熙32年(1693年)、普済禅寺の僧心明は師潮音が引退するため、建てました。

息耒禅院

旧名は仁徳堂、普済禅寺の西にあります。明末の僧如宏がここに部屋を建ててすんでいました。清の康熙年間(1662年~1722年)僧広成が修整され、普済禅寺の西寮に帰属し、殿内には送子観音が安置されました。

錫麟堂

観音法界は東海の浜、舟山群島の朱家尖白山景区の辺りに位置しています。海天仏国の普陀山と海を隔てて向かい合っています。

観音法界